HOME
  CHIKUNO CUBE M-soap 京竹炭入りあぶらとり紙 Shopping About us Contact
2つのこだわり 効果・成分 上手な使い方 竹炭について

●2種類の技術
CHIKUNO CUBEでも使用している高品質の京都の竹炭を使用。
けん素地や、石けんを使用する際の水に馴染ませるため、
CHIKUNO CUBEに使用する炭よりも、さらに細かいパウダーにしました。
その細かさは3μ。粉砕には専門的高度な技術が伴います。
石鹸は、1918年から石鹸を作りつづけている会社に製造を依頼しました。
マーブル模様は、機械練りではなく、手作業である枠練りで竹炭を練りこんでいく手法、
いわば職人技術がなくては実現しなかった模様です。
M-soapは、2種類の素材を知り尽くした人々の技術が土台となっています。
※竹炭は、京都由良川水域で育った竹を使い、丹後半島にある竹炭工房で作っています。
  この工房では、高品質の竹炭を作るため、竹の伐採時期や製造工程に独自の方法を用いています。
※石鹸素地は、保存料・香料・刺激のもととなるラウリン酸を一切使っていません。
  きれいなマーブル模様にするため、機械練りではなく、手で混ぜる枠練りの方法で作っています。
  このM-soapの要となる石鹸を作っていただいたのは、1918年から89年間、ずっと石鹸を作りつづけている会社です。
Copyright(C) since 2005, CHIKUNO LIFE All rights reserved.