HOME>会社概要
   
ごあいさつ
 京都で偶然にも竹炭に出合った時の感動を今でも忘れることはできません。たまたま仕事で接した黒い炭に、たちまち魅了されました。それから、竹炭が消臭や調湿に非常に優れた効果を発揮すること、シックハウスの原因となる有害物質を除去することができること、伝統建築の床下などには古くから竹炭を敷き詰める方法が用いられていることなどを知りました。
 この様々な可能性を秘めた竹炭を産業資材として利用できないかと竹炭製品の開発に挑んだのが十三年前です。
 竹炭は、効能を充分に発揮させるためには、大量の粉末を床下、もしくは床上に敷き詰める必要があります。この事は現代の住宅事情において、竹炭の弱点でした。この弱点を受け入れ、克服させたのが、チクノキューブ、弊社の商品の第一号です。それから、もっと竹炭を知ってもらいたいと石鹸、あぶらとり紙、と竹炭製品を企画製造販売しています。
 産業資材に使用したいという思いは今も持ち続けています。もちろん、デザイン性のある商品としてチクノキューブやあぶらとり紙など、欧米から高く評価され、日本においては、グッドデザイン賞などの賞を頂けたこと、雑誌やテレビなどでご紹介頂いたことを大変光栄であると心から感謝しています。その評価の多くは、商品にだけでなく、竹炭が未来の地球の環境を少しでも良くすることに繋がるということへの評価でもあると感じております。
 どんなに素晴らしい伝統や技術や知恵も、今を生きる人たちが使い続け、作り続けていかなければ、残りません。竹炭は残すべきものの一つであるという信念を持ち続け、先人から受け取ったバトンを大切にし、次の時代へとつないでいけるよう、真摯にこれからも商品を開発していきたいと思っています。
 地球が現代も未来も豊かでありますように。
 そのことを願ってやみません。

                                     

                                     株式会社チクノライフ
                                     代表取締役 西尾 清
 
   
会社概要  
社名         株式会社チクノライフ
   
設立         1982年11月1日   

所在地        〒604-8051
           京都府京都市中京区御幸町通錦小路上る船屋町373-3-202
           tel.075-257-7785 fax.075-257-7786
           e-mail: info@chikunolife.com

代表者        代表取締役 西尾 清
 
事業内容       竹炭製品の開発及び販売
             
 
沿 革   
2001年     竹炭事業に着手(京丹後市大宮町の竹炭工場設立に参加)
2003年     竹炭を素材とした成型品(ハニカム構造)の開発に着手(特許申請)
2004年     同上竹炭成型品の商品化に成功(商標登録名:チクノキューブ)
2004年     チクノキューブ販売開始
2007年     M-soap(竹炭入り石鹸)販売開始
2007年     経済産業省生活関連産業ブランド育成事業sozo_commの対象商品に選定(チクノキューブ)
2008年     経済産業省生活関連産業ブランド育成事業sozo_commの対象商品に選定(チクノキューブ・M-soap)
2009年     チクノキューブの特許取得(特許第4314097号)
2011年     経済産業省・クールジャパン戦略推進事業「365」プロジェクト商品に選定(チクノキューブ)
 
 
 受賞歴
 
2007年     財団法人大阪デザインセンター選定グッドデザイン商品(住・生活環境デザイン部門)優秀賞受賞)
2008年     財団法人日本産業デザイン振興会主催「グッドデザイン賞」受賞
2009年     仏『GLOMOUR』誌の「クープ・ド・クール賞」(ハートを鷲づかみにする賞)受賞
2010年     第54回京都府発明等功労者「優秀賞」受賞
2012年     第9回エコプロダクツ大賞「審査委員長特別賞」(エコプロダクツ部門)を受賞
 
 

PAGE TOP